ひたむきな思いのまま、進んできた初のオーガニックチョコレート作り。
たくさんの方の知恵や力をかりながら、奇跡的に今年のバレンタインに間に合って、どうにか商品化することができた。
 
昨年11月のチョコレートテイスティングからのフィードバックもあり、思い切って一般販売にさきがけて、知人を中心に限定200箱を先行販売。2月の2週目までは発送作業や手渡しにと、人に会う毎日。最初は、好奇心と目新しさで購入してくれている事を覚悟していたが、バレンタインにぜひ購入したいと、久しぶりに連絡をくれる友人や先輩達に感謝の気持ちが湧いてきた。今までお世話になった方へのギフトも含めて、200箱近く販売する事ができた。チョコレートによって新たなつながりが生まれ、懐かしいつながりが復活。
 
バレンタイン後、すぐさま来年の準備にとりかかる。
これからチョコレートの輪をもっと広げるために、ウェブサイトを充実させることにする。まずは、今まで友人としてお手伝いをしてくれていた元同僚に相談。
 
 
やはりブランドコンセプトがキーポイントになると彼女は言う。
働くママの彼女とは、平日の夕方もしくは週末に彼女の家の近所で、当時まだ1歳半の息子のS君連れで話す事も多かった。
恒例となったスタバでの打ち合わせの際は、旦那様がS君を見てくれていたり。


 
お家にお邪魔して彼女がリライトをしてくれている間は、私がS君の遊び相手だったり。


 
ブランドコンセプトを書いたドラフトの紙が、小さないたずら魔のせいで、半分になっている事もしばしあった。

その行き先はこのかわいいお口の中。

こうして間接的にも様々な方達の力を借りつつ、Coco de Merのブランドコンセプトが誕生していく。