ハービー家のお引越しで、新居にお邪魔することに。するとなんと、アルバムジャケットの写真でしか見たことのないCoco de Mer の実が暖炉の上にでん!と飾ってあるのを発見。


サラと話してわかったのだけれど、彼女はきれいな黒髪のイギリス人だが、母親はセイシェル島の出身であった(ココ ドゥ メールはセイシェル諸島の2島にのみ生息する希少な植物である)。偶然の連続に驚きつつ、NYでのCoco de Merアルバムとの出逢い話で盛り上がり、ちょうど持っていたCDを紹介。ホームパーティーでアルバムを聞きながら、チョコレートを再び味わう。


翌日、初めてオーガニックカカオバターを実際に自分の手でふれてみる。ほのかな甘い香り。手に残った分はそのままボディーバターとして使えると聞き、さらにいい気分に。サラと子供たちと共に作業を開始。


この時点で想う:サラ自身のフェミニンエネルギー=女であり、4人の子供の母であり、魅力的な妻であり、仕事が忙しくてもいつも私たちを暖かくもてなしてくれる心の広さ、余裕はどこから来るであろう?


パートナーと深い信頼関係を築きつつ、自然体で生きているサラ。彼女を支えているのは、強さと優しさを兼ね備え、暖かく見守る男性の存在。


女は男により輝きを増す。男は女の存在で、より強くなれる。